データベース性能監視ツール:WiperDog

WiperDog — データベース性能監視ツール

WiperDogはInsight Technology Vietnamにて開発およびサポートを行っているオープンソースのデータベース性能監視ツールです。
WiperDogでは尻尾を振りながら歩き回る犬のようにシステム内を動き回り、データベースサーバーの性能情報を収集します。

詳細はhttps://github.com/wiperdog/wiperdogもご覧ください。

WiperDogの特徴

  • システムリソースデータを収集するオープンソースの監視フレームワークです。
  • インストールや改変を簡単にするため、スクリプト言語であるGroovyで実装しています。
  • MongoDBを基盤に使用することで、設定なしにあらゆる情報をストアできます。
  • カスタマイズ可能なモニタリング画面を備えています。
  • 監視対象にしきい値を設定して、警告メールを送付することができます。
  • 監視対象のしきい値を自動で設定することができます。
  • 週次、月次、年次のサマリーを確認できます。

WiperDogの監視対象の例

  • CPU使用率
  • メモリ使用量
  • キャッシュヒット率
  • 実行スレッド数
  • SQL平均実行時間

WiperDogの仕組み

  • データベースからパフォーマンス情報を収集し、MongoDBに情報を保存します。
  • データ収集は自動的に行われ、収集結果はブラウザーベースのモニタリング画面から確認できます。

WiperDog:At a glance with red alert

WiperDog:Log screen with any level

WiperDog:Job setting screen with data